トップページ

ベトナムのホーチミンで暮らしてみませんか?

さくらコンフォートホーチミン
ベトナムには、心温まる思いが湧き出てくる古い建築物のある魅力的な都市があります。
ホーチミン、ハノイ、フエは、国内最大の観光地であり、一見の価値あるものが多くあります。
また、すばらしいビーチも数多くあり、メコン・デルタとダラトといった広大な田園地帯があり、都会から逃れてくる人々を温かく迎えてくれます。
ニャチャン
ニャチャン
ニャチャンはベトナム中南部随一のビーチリゾート。「Nha Trang」と書いて、"ニャチャン"と読みます。「The World-Bays.com」の"世界で最も美しい湾"のひとつに選ばれ、政府観光局のサイトによると「世界で29番目に美しい湾に2003年に認められた」こともあるそう。そんなビーチを世の旅人たちが放っておくことはなく、今、海岸線に沿ってリゾート開発が進行中。そんなニャチャンについて、ご紹介します。

中南部のカインホア省において、政治・経済・文化の中心地であるニャチャン。103km続く巨大な湾のうち、約7kmの海岸線がニャチャンのダウンタウンに面しています。穏やかな海面の沖には19の島々が浮かび、小麦色とも黄金色とも呼べそうなビーチが緩やかな孤を描いて伸びています。砂浜に沿ってお行儀よくヤシ並木が続き、遊歩道もきちんと整備され、真新しいアジアのビーチリゾートといった雰囲気です。

ビーチをなぞるように南北に伸びているのがメインストリートのチャンフー通り。この道に沿って、高層ホテルが並び、あるいは建設中。シェラトン・ニャチャン・ホテル&リゾートが2010年10月にオープンするなど、これから一大ビーチリゾートとして、ステイタスを確立しそうな気配が漂っています。そしてお手頃価格の小規模のホテルも、この界隈に集まっています。
ニャチャンは周辺エリアで最大の漁港をもち、カイ川の河口でもあり、海の幸が豊富な街。シーフードをたっぷり食べて、たまには早起きをして活気あふれる市場へ出かけてみるのも面白いでしょう。街は3km四方ほどとコンパクトにまとまっていて、レンタルサイクルでアジアの喧騒を感じるのも、お楽しみです。高層ホテルの上層階から街を見下ろすと、ニャチャンがちょうど海と山に挟まれた街であることがわかるのですが……街の背後には4つの山が連なり、まるで人々の営みを見守っているよう。ちなみに山の名前は"ドラゴン"や"象"を意味するベトナム語で、きっと山容から名づけられたのだろうなぁと、想像もふくらみます。
ファンティット
ファンティット
ホーチミン市から北東へ約250キロ、車で約3時間の長閑な海岸がファンティエットです。手付かずの自然が多く残り、ハノイやホーチミンの喧騒とは無縁のビーチリゾートで、ホーチミンに駐在する各国駐在員がゴルフやマリンスポーツで休日を楽しんでいます。

リゾートホテルが建ち並ぶのがムイネービーチとドンユーンビーチ。特に白砂が美しくウインドサーフィンやカイトサーフィンがメッカのムイネービーチはリゾートの建設ラッシュで、私が訪れた際もいたるところでホテルが開業に向けて工事中でした。地元の業界関係者によると、年に約30軒のホテル開業プロジェクトが進んでいるそうです。

ファンティエットはドラゴンフルーツの産地としても有名で、街道沿いにはドラゴンフルーツを売る出店が軒を連ねています。街から5分ほど郊外に出るとドラゴンフルーツ畑を見ることが出来ますが、一般家庭の軒先でも"自家菜園"しており、ヌクナムと同じようにドラゴンフルーツもファンティエットの生活に深く浸透していることが良くわかります。ドラゴンフルーツがどのように身がなっているか想像つきますか?私はパイナップルのような高い木を想像していたのですが、1メートル位の高さのサボテンのようなトゲトゲの葉先にぶら下がるように身が付いているのです。
街の中心からムイネービーチ沿いに東へ進むと急に景色が開けムイネー漁港が見えてきます。入り江には青や黄色のカラフルな漁船がひしめくように止まっており、浜では船から下ろされた魚を仕分けする者、その人たちに水やスナックを売る者などで活気が満ちています。私自身、今回の旅行で"最もベトナムらしい風景"としてとても印象に残っているのがこの漁村です。
ムイネー漁港がある半島の近辺には広大な砂丘が広がっています。早朝には砂丘全体に風紋が広がり幻想的なシーンを堪能できます。観光客が多数訪れる日中は地元の子供の稼ぎ時。ゼッケンの付いたグリーンのジャージはユニフォームなのか、観光客が車やバスから降りるや否や"サンド・スライダー"のセールスに群がります。サービス精神旺盛で、木陰に座ろうとするとサーッとスライダーをシート代わりに敷いてくれ、都内の変なホテルより良く気が利くのではと感心しました。バックパッカーの外国人は結構楽しんでいましたが、とにかく暑い!くれぐれも帽子やサングラスのご用意を。

ムイネービーチを見下ろす高台にチャンパ王国の遺跡、チャム・タワーがあります。8世紀から9世紀にかけて建造されたもので、ヒンドゥ教のシヴァ信仰の影響を強く受けており、祠堂と呼ばれるレンガ造りのタワーの中心には男女のシンボルを象徴する物が置かれ王族の宗教儀式に利用されたそうです。タワーの中心には今もシンボルが安置され、多くの観光客が子宝や結婚の願いを込めてシンボルをさすっています。
メコン
メコン
中国・ミャンマー・ラオス・タイ・カンボジア・ベトナムの6カ国をつなぐ全長約4000?の「メコン河」。その入り口の町であるミトーへ!茶色に濁りうねるように流れるメコン河を体感できるジャングルクルーズを楽しんだり、メコンデルタの人々の生活を垣間見たり、豊富にとれるフルーツを試食したりとこれぞベトナム!と感じられるツアーです。

海のような大きなメコン川の入り口にある、一番賑やかと言われる街ミトー。クルーズと手漕ぎボートを使い、熱帯植物を横目に住民の平和な生活をのんびりと見学できます。途中果樹園にも寄り、メコンデルタの伝統的な音楽を聴きながらココナッツミルクや果物を試食できるのも嬉しいポイント☆熱帯の雰囲気や住民の生活を感じる、これぞベトナムというツアー、おススメです。
ベトナム・ホーチミン
ホーチミンは、ベトナム南部、メコン河の支流サイゴン川西岸に位置するベトナム最大の商業都市。
人口約610万人で、繁華街ドン・コイ通りを中心に高層ビルや商店が立ち並び、住民や旅行者でにぎわっています。
日本との時差は約2時間のため、日本在住のご家族や友人、お知り合いの方との連絡に時差の心配がありません。
充実のバックアップ体制

募集要項・受付概要

費用:
1名様75,000円(朝食付)
交通費・食事代等その他費用別途実費
サービス内容:
日本語通訳・ガイドケアスタッフ付き
お問い合わせ お電話でのお問い合わせは0120-860-122
詳細はお気軽にお問い合わせください。
介護事業経営の説明・相談のご案内