トップページ会社概要 > 社長挨拶

会社概要

経営目的

さくら介護グループは、人を幸せにする為に、商品やサービスを提供し続けます。

社長挨拶

さくら介護グループが扱っているカテゴリーは言うなれば「手段」であり、その真の「目的」とするところは、さくら介護グループのネットワークを活用した高齢化社会対応の新生活網の構築により、人を幸せにし続けることです。
そのためには、標語をただ掲げるだけではなく、自らの行動でそれを立証する気概がなくては本物とは言えませんし、社会も聞き入れようとはしません。今後ますます深刻化する少子化の問題、老老介護の問題など、高齢化社会が抱える問題は想像を絶するものと思われます。

さくら介護グループの組織は社会に役立つ精鋭集団を目指します。常に社会が求めることを商品化する熱意が『医療介護の未来を支える力』となり、その努力がさらなる自己成長となるでしょう。

さくら介護グループは、お客様の幸せを第一に考え、地域に密着した『手作り医療介護』を「人とひとが心から」をモットーに、お客様の喜びが私たちの喜びと感じられる医療介護をしています。このような医療介護事業を人生の「生きがい」として私たちと一緒に取り組んでみませんか。

一人でも多くの同志が、このさくら介護グループの中で、より大きな志をもって、私たちと共に頑張って頂きたいと願ってやみません。短くもあり、永くもある人生を、感動的に、胸を打ち震わせるような取り組み方で、共に歩もうではありませんか。
取締役社長 桝井 伸二
介護事業経営の説明・相談のご案内